物流業界は今後どのような展開が期待されているのか

カテゴリ

注目の記事

便利な通販と物流業界は切っても切り離せない

» もっと知ろう

物流と通販の意外な関係性とは

» もっと知ろう

便利なネット通販には物流業者が欠かせない

» もっと知ろう

通販の物流についての簡単な説明

ネット通販サイトで誰かが何らかの商品を購入したとします。すると、サイトの管理側が商品を発注している企業に対し、購入希望者がいることを知らせます。企業は入金があったことを確認してから、商品を包装し宅配業者を利用して送ります。そして依頼を受けた宅配業者は、色々な交通機関を活用して購入者の元へ送り届けてくれます。冷凍品を保存できるトラックも使いますが、新幹線や電車、または飛行機を利用することもあるなど色々です。
購入者と出品者が同じ関東内だとすれば、通販が届く日数は早ければ2日程度で済みます。また、海外など離れた位置で営業する企業のサイトで買った時は、1週間近くかかる場合もあります。通販サイトの中には、手元に届く時間を自由に設定できる所もあります。例えば3日目の午後7時に届けてほしいと依頼します。すると、宅配業者は倉庫に送られた品を受取って、予定の時間通りに届けてくれます。業者はプロ意識を持って行動しているため、5分前には目的地の側にいる場合がほとんどです。あと、冷凍食品や壊れやすいという指定がある時も、問題なく対応してくれるので安心して良いでしょう。
通販の物流は利用者が拡大しているため、今後も人気が続く可能性が高いです。特にネットを利用した通販は、便利な仕組みなのでまだまだ利用者が伸びそうです。

通販に関わる物流業者の今後

通販サイトなどを利用したショッピングが増えて、商品の配達をする物流業者も同時に忙しくなっています。この部分だけを見ると景気の良い話ですが、大手物流業者が一部通販サイトの配達から撤退するなど、ニュースで取り上げられています。荷物の配達量が多ければ、物流業者の利益が上がりどんどん受注するはずが、撤退する理由には幾つかの訳があります。一つは、物流業界全体の値下げで、大手物流業者同士が配送料の値下げを競いそこに商社なども参入し、荷物の量が増えても利益が上がらないという現状になりました。
更に、通販サイトの荷物が増える中、配達時間指定や不在配達などの影響によって、配達員の数が足りなくなり既存する配達員への負担が増えたなどが理由にあります。物流業者には、通販サイトの当日配送からの撤退や、一部通販サイトの配送のみ撤退など、様々な対策に乗り出しています。料金面でも、大手物流業者が配送料の値上げを発表し、その流れは業界全体に影響を与える見通しです。
物流業者が配達時間や、配達料金などの改革を始めると、通販サイトの業者にも新たな配達方法を確立する動きが出ています。通販サイトに関わる、物流業者の今後の流れとして、通販サイト業者が独自の配送システムを構築して、当日配送や配送コスト削減に動くなどが増え、物流業界はM&Aを行う企業が増えていく見通しです。

メニュー

2017年08月07日
便利なネット通販には物流業者が欠かせないを更新しました。
2017年08月07日
物流業界は今後どのような展開が期待されているのかを更新しました。
2017年08月07日
便利な通販と物流業界は切っても切り離せないを更新しました。
2017年08月07日
物流と通販の意外な関係性とはを更新しました。

Copyright(C)2017 物流サービスを発展させている通販サイトの凄い所とは All Rights Reserved.